法務局での帰化申請の進め方

全体の流れ

事前相談→必要書類収集→必要書類の事前チェック→申請→面接→結果

まずは事前予約で相談する

基本的な流れでは、まず法務局に予約をとり事前相談をする必要があります。
事前相談の中で外国人の状況をヒアリングされ、それに応じて必要な書類を教えてくれます、ですが、書類の取り方や細かなところまでは教えてくれないことが多いので、書類を集めて書類作成するには自分でいろいろ調べながらやる必要がでてきます。

行政書士の専門家に依頼をすると、事前相談に行かずに初回の訪問で必要書類がすべて揃っていれば申請受付までしてくれる法務局もございます。(東京など)
場所によっては書類がすべて揃っていても、2回訪問しないといけない法務局もございます。(埼玉県など)

必要書類を集める

事前相談が終わったら、必要書類の収集を始めます。日本で収集できる書類もありますが、海外で集めないといけない書類もございます。
こういった書類は国にもよりますが、親族等がいれば代行で取得してもらうことも可能なので、絶対に一度帰国しないといけないわけではありません。

関連記事

帰化申請を申請する場所とは? 帰化申請は、法務局にて申請を行うことになります。在留資格(ビザ)申請の場合には入国管理局にて申請を行うことになりますが、帰化申請は入国管理局ではできませんのでご注意ください。※ちなみに永住権は[…]

必要書類の事前チェック

必要書類の収集が完了したら、その書類が合っているのかを再度法務局に予約をとって確認をしてもらいます。
ここで完璧に書類が揃っていればそのまま申請を受理してくれるケースもありますが、大半の人は集める書類の多さと煩雑さで何度もこの事前チェックをすることになります。

行政書士の専門家であれば必要書類及び、書類の作成方法などを把握しておりますので、この事前チェックを何度も行わずに一度で申請ということが可能となります。

申請をする

書類の収集・作成が終わったら、再度法務局に申請の予約を取ります。申請書類は原本とコピーの2部提出が必要になりますので準備します。また当日は原本照合も行いますので、原本が必要なものは持っていく必要があります。

事前相談で必要書類を確認しても、実際に書類をとってみた内容によっては別の書類も必要になる場合もあり、その場合は追加の書類提出で認められる場合と、その書類を再度準備してからでないと申請を受け付けてくれない場合もあり、自分自身で申請を行おうとする人では何回も法務局に行かなくてはいけないことになる人もいます。

申請後の面接について

申請が無事に受理されたら次に待っているのが面接です。
面接は申請が受理されてから2ヶ月~4ヶ月以内に実施されます。基本的には携帯電話に審査官から電話があり、面接の日程を調整します。日本人の配偶者などがいる場合などには、配偶者の同席も求められます。

面接では主に、今までの経歴について質問されます。日本にいつ来たのか、いつ結婚したのかなど、提出した書類に合わせた質問と書類の中で審査官が疑問に思ったことを質問されます。

面接が終わった後は基本的には審査結果を待つのみですが、人によっては審査官による自宅訪問勤務先に電話確認が入ったりする場合もございます。これは状況によって行われるかが変わってきますので、必ずあるものではございません。

結果までにかかる時間

帰化申請の結果が出るまでには、申請が受理されてから1年ほどかかります。
また近年は審査を慎重に行っていることもあり、1年半程度かかることも多くございます。特別な事情があれば審査を急ぎで行ってもらうことは多少できるかもしれませんが、原則は1年以上かかると思、最初の事前相談から考えると1年半は少なくともかかると思い帰化申請を進めることをおすすめいたします。

>日本国籍取得(帰化)手続きに関することは、行政書士法人フォワードまでお気軽にお問合せ下さい!

日本国籍取得(帰化)手続きに関することは、行政書士法人フォワードまでお気軽にお問合せ下さい!

ビザプロ帰化は行政書士法人フォワードが企画運営し、日本人になるための方法や要件である在留年数、社会保険、収入、犯罪歴、出国履歴など気になるポイントを細かく解説しているサポートメディアです。
在日韓国人、中国人、フィリピン人など国籍によって変わる必要書類情報もあります。
個別のお困りごとのご相談も受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。